古都京都の看板に関する規制をチェックしましょう

看板は目立たせることで宣伝広告を行うものです。あらゆる場所で見かけるものですが、時として看板が景観に対して悪影響を与えることがあります。このため景観を守ることを目的とした法律、屋外広告物法があり規制の対象となっています。屋外広告物法は全国一律で適用される法律ではなくその運用に関しては都道府県や政令市及び中核市が条例によって定めるものになっています。このため地域によってその規制の厳しさが異なります。このため景観を守るということに重きを置いている自治体では規制は厳しく、その厳しい都市の一つが京都市になります。京都市の広告規制は設置場所の禁止エリアや高さ制限、また配色制限などがあり、京都市で看板を設置する場合にはそれらの規制に沿ったものにする必要があります。

看板に関する規制の法律について

看板は広告をするために屋外に設置するものです。単なる板状のものから電飾を施したもの、可動するものがあり、さらには手で持ち運びできるような小型のものから建物に据え付ける大型のものまでその種類は多岐に及びます。一方で看板の役目は目立たせることであるため景観を損なうケースもありますし、安全性を担保するために法律で規制されています。屋外広告法と呼ばれるもので規制されていますが、実際の運用に関して各都道府県、政令市及び中核市などが条例によって定めるものとなっています。基本的には屋外広告法の範囲内で行われますが、その規制の内容に関しては、それぞれの自治体によって変わってきます。このため規制は地域によって異なり、特に厳しいところでは京都市の屋外広告物の規制が知られます。

古都京都での看板規制事情について

京都市は古都であり、寺社仏閣が多く文化遺産も多くあります。このため日本でも有数の観光都市です。一方で大学も多く学園都市といった表情もあるなど街の景色は多様性に富んでいます。このため景観を守ることを目的として昭和31年から屋外広告物法に則って規制が行われています。このため全く広告を設置することが禁止されている地域もあり、それらの地域では設置した場合には警告なく撤去されますし、屋上屋外広告物などの設置も禁止されていますし、電飾の看板も禁止されていますし、また設置のほかにもデザインの基準があり、配色に関しても規制されています。建物の壁に表示できる看板に関しても高さに応じて面積が厳しく制限されています。このため京都で看板を設置するさいには規制の対象となっていないか理解して行う必要があります。

独立して開業を控えるクリニック様 環境に優しいLED照明の看板なら企業のイメージアップにも貢献! 看板製作・施工をご依頼ください。お見積りを希望の方はお電話かフォームからどうぞ 実績、経験からその場所に応じた看板の製作が可能。 ライバル店と差を付けるなら、LED看板がおすすめです。 お店をオープンされる方、チェーンなどでお店の展開をされる予定の方 お店のイメージを的確に伝える看板を制作します。 京都で看板製作をお探しならアクリルサインへ